着物レンタル

京都の着物レンタルでの染め着物と織り着物

正座

かなりの昔から、着物は発展を続けてきました。そうした着物は我々を日常生活からタイムスリップさせる効果もあるとされます。と同時に、気楽なイメージが持たれていないのではないでしょうか。しかしながら、着物の種類とは大別すれば、染め着物と織り着物の2種類になるのです。こうした差異により、フォーマル感や雰囲気をその時々に応じて使い分けているのです。

染め着物のほうが、織り着物よりも格調高いものとされており、レンタルに際しても、正式なもの、あるいは、勝負服としての意味合いが強いのかもしれませんね。染め着物の種類には、黒留袖や振り袖、訪問着などと、豊富に種類が揃っています。これらの呼称の区別は、着物の色や模様によってつけられたものであり、結婚式とか成人式などの用途に応じて着分けるものとされています。

これに対して、織り着物とは、仕事用であったり、普段着の側面を有します。かつては、衣服すら自給自足出会った時代には、農作業のあいまに、飼っていた蚕から糸を取り出し、これで着物を織っていたのです。染め着物と異なり、糸で織っていく段階で様々な色の糸を用います。そのためか染め着物と異なり、質素かつ素朴なものが多いと言えます。

最新情報

正座

京都の着物レンタルでの染め着物と織り着物

かなりの昔から、着物は発展を続けてきました。そうした着物は我々を日常生活からタイムスリップさせる効果もあるとされます。と同時に、気楽なイメージが持たれていないのではないでしょうか。しかしながら、…

もっと詳しく

訪問着

京都の着物レンタルに係る寸法

日本には独特の四季があることから6月と10月に衣替えがあるのですが、これに応じて着物の仕立て方には2種類あるとされています。着物の素材とは、もっともポピュラーなものとしては絹が挙げられる…

もっと詳しく

うなじ

レンタルでも人気!京都の着物の仕立ての方法

仕立てに際しては、単衣と袷の2種類があるのですが、これは四季に応じて使い分けていくと良いでしょう。袷に関しては、主に冬季である10月ないし翌年の5月頃までに至るまで着用します。他方、単衣…

もっと詳しく