着物レンタル

レンタルでも人気!京都の着物の仕立ての方法

うなじ

仕立てに際しては、単衣と袷の2種類があるのですが、これは四季に応じて使い分けていくと良いでしょう。
袷に関しては、主に冬季である10月ないし翌年の5月頃までに至るまで着用します。他方、単衣については、夏季である6月ないし9月に着用します。それぞれ、衣替えを指標としているようです。
夏季においては、単衣のなかでもとりわけ、薄物を7月ないし8月といった特段暑い時期に着用しますが、長襦袢が透けて見えるほであって、極めて涼しげです。強度を保ったり、あまりに透けすぎることを避けるために、部分的に布を当てがいながら仕立てることもあるそうです。このうち、浴衣は薄物のうちに入らないことから注意が必要です。
袷仕立てとは、上記で述べた通り、日本でいう春秋冬に着用されているものです。

袷の中には、胴単衣という種類のものがあり、暑がりに向いているとされています。春には染織りのほか、平織りの着物も用いられ、全体的に明るい色のものが好まれています。春や秋などに応じて、また、秋の深まりに応じて、それぞれに似つかわしい相応しい染織り物を選択していくと良いでしょう。
冬場は寒さのために、重量感の有するものが暖かいために好まれます。

最新情報

正座

京都の着物レンタルでの染め着物と織り着物

かなりの昔から、着物は発展を続けてきました。そうした着物は我々を日常生活からタイムスリップさせる効果もあるとされます。と同時に、気楽なイメージが持たれていないのではないでしょうか。しかしながら、…

もっと詳しく

訪問着

京都の着物レンタルに係る寸法

日本には独特の四季があることから6月と10月に衣替えがあるのですが、これに応じて着物の仕立て方には2種類あるとされています。着物の素材とは、もっともポピュラーなものとしては絹が挙げられる…

もっと詳しく

うなじ

レンタルでも人気!京都の着物の仕立ての方法

仕立てに際しては、単衣と袷の2種類があるのですが、これは四季に応じて使い分けていくと良いでしょう。袷に関しては、主に冬季である10月ないし翌年の5月頃までに至るまで着用します。他方、単衣…

もっと詳しく