京都の着物レンタルに係る寸法

訪問着

日本には独特の四季があることから6月と10月に衣替えがあるのですが、これに応じて着物の仕立て方には2種類あるとされています。
着物の素材とは、もっともポピュラーなものとしては絹が挙げられるでしょう。これは蚕の紡ぎ出したマユが主原料となっています。1個のマユからは、何と1キロメートルないし1.5キロメートルにもわたる糸が取れるのです。着物1反につき、およそ5キロメートル分の長さのマユが要るとされています。
出来た生地を反物と称するのですが、反物がよく巻かれているのを見かけると思いますが、1つにつき、着物の1枚分に相当します。これから、着物のパーツである、袖、見頃などといった、8つの部位に分けて裁断されるのです。それぞれの部位は、縫い目をほどけば、元々の反物へと戻すことが可能なのです。手入れをする際には、反物にした状態ですることもあります。

仕立てに際して、身幅や身丈、裄、袖丈、繰り越しなどといった5つのポイントから採寸を行います。江戸時代とは異なり、近時では、体型や趣向も多様化したものであることから、採寸に至っても一様ではないです。着物も洋服同様に自己の体型に見合った寸法をもとにして着こなすことが良いでしょう。これはレンタルする際にも重要ですから、覚えておいてください。

最新情報

正座

京都の着物レンタルでの染め着物と織り着物

かなりの昔から、着物は発展を続けてきました。そうした着物は我々を日常生活からタイムスリップさせる効果もあるとされます。と同時に、気楽なイメージが持たれていないのではないでしょうか。しかしながら、…

もっと詳しく

訪問着

京都の着物レンタルに係る寸法

日本には独特の四季があることから6月と10月に衣替えがあるのですが、これに応じて着物の仕立て方には2種類あるとされています。着物の素材とは、もっともポピュラーなものとしては絹が挙げられる…

もっと詳しく

うなじ

レンタルでも人気!京都の着物の仕立ての方法

仕立てに際しては、単衣と袷の2種類があるのですが、これは四季に応じて使い分けていくと良いでしょう。袷に関しては、主に冬季である10月ないし翌年の5月頃までに至るまで着用します。他方、単衣…

もっと詳しく