着物レンタル

TPOに応じた京都の着物レンタルの着こなし

笑顔の女性

それぞれ、時間や場所に応じた着物の着こなしがあります。着物においては、礼装や略礼装、それにおしゃれ着に相当する小紋などというように、多種多様なものが存在しています。
一般的には、帯や小物に関しても、格付けがあるとされており、そうした小物は着物と同程度の格を有するものをあしらうものとされています。格とは、礼装、準礼装、そして、略礼装などというように、これらに相応しい着用ができると良いでしょう。

礼装とは、結婚式や葬式などという冠婚葬祭の類から始まり、七五三に相応しいです。略礼装は、さほど格式を要しないとされる結婚式とか、二次会などで用いられる傾向があります。

振り袖は、未婚女性の最も格式の高い晴れ着とされています。振り袖の袖丈が長ければ長いほど、格が高ランクに位置づけられます。袖を振るという行為は、愛情を示唆するものであり、これに由来して未婚女性が振り袖を着る風習が形成されていきました。
翻って、留め袖の由来とは、今までに着用していた振り袖の袖丈を短くして留めたということにあります。嫁いだ家に長く滞留するようにとの願いが込められているようでもあります。
留め袖とは、黒留袖と色留袖に大別され、前者は既婚女性の着る最高ランクの礼装であって、色留袖は未婚と既婚とを問わず着用可能です。

最新情報

正座

京都の着物レンタルでの染め着物と織り着物

かなりの昔から、着物は発展を続けてきました。そうした着物は我々を日常生活からタイムスリップさせる効果もあるとされます。と同時に、気楽なイメージが持たれていないのではないでしょうか。しかしながら、…

もっと詳しく

訪問着

京都の着物レンタルに係る寸法

日本には独特の四季があることから6月と10月に衣替えがあるのですが、これに応じて着物の仕立て方には2種類あるとされています。着物の素材とは、もっともポピュラーなものとしては絹が挙げられる…

もっと詳しく

うなじ

レンタルでも人気!京都の着物の仕立ての方法

仕立てに際しては、単衣と袷の2種類があるのですが、これは四季に応じて使い分けていくと良いでしょう。袷に関しては、主に冬季である10月ないし翌年の5月頃までに至るまで着用します。他方、単衣…

もっと詳しく